ムカデがどこから侵入するか突き止めたので、ついでにコオロギと冷風対策もしてみた

シェアする

どもん、みどりのブログへようこそ。

去った週末は気温が氷点下まで下がり、久々に冬を感じました。
金曜の夜から二泊三日でキャンプへ出かけた次女が心配でしたが、さすがに今回はヒーターが完備された建物に泊まったらしく全然大丈夫だったらしい。それより全然大丈夫じゃなかったのがアタシら。テレビを置いてる地下の部屋にムカデは出るわ暖房きかないくらい寒いわで大変でした。

スポンサーリンク

家の中でムカデ発見

小さいムカデでしたけど、やっぱり見たくないわね。それよりなぜ家の中に外にいるはずの虫がいるのか?!って不思議よ。たしかに、引っ越した家は中古なのでよく見ると、虫が出入りできそうな部屋の角っこに隙間があったりする。床下から這い上がって来るのか?でもよく見ると地下のガレージから部屋へ入る付近によくいるのよ。数匹のムカデとコオロギが!

そして、気温が下がった時の地下の部屋全体が極寒に近いことといったら。と、気になって見てみるとガレージから部屋へ入るドアに隙間があって、そこからの冷風が入ってくる。ついでにムカデとコオロギも!(彼らは寒くなると暖かい方へ移動してくるらしい。)

これじゃぁ、暖房つけてもつけてもなかなか温まらないから、電気代を捨ててるようなもんよね。しかも虫たちまで入って来るのは困る。ということで、ムカデがどこから侵入してくるのか分かったので、とりあえずその日はタオルを挟んでおくことに。翌日さっそくホームセンターへ防止策アイテムを買いに行ってきました。

買ったのはこれ。↓

[amazonjs asin=”B0025KUSY6″ locale=”US” title=”Duck Brand 282433 Heavy-Duty Self Adhesive Rubber Weatherstrip Seal for Large Gap, 3/8-Inch x 1/4-Inch x 17-Feet, 1 Seal”]

なんだ、アマゾンの方が安いじゃないか!WWW (緊急だったから仕方ないけど。)

どこから侵入するかわかったので防止策を取り付け

さっそくドアの周りにレッツ貼り付け!
とは言っても、片面のテープを外して貼れば完了。めちゃくちゃ簡単。(面倒くさがり屋さんのみどりにぴったり。)

20161114_080023

20161114_080109

ちょっと暗くて見えにくい写真ですけど、しっかり隙間を埋めてくれてます。
初日はドアや鍵が閉まりにくいけれど、翌日にはゴムの部分が馴染んできて力をいれることなくドアを閉めることができました。

これからますます寒くなるでしょー。
夏になればエアコン使うし虫達も活発になって出てくるでしょー。
こういうちょっとした対策で節約と害虫の侵入を阻止できそうじゃないの。そのまんまだったらきっと、電気代の請求にひっくり返りながら虫ばっかり追いかけまわしてたなアタシ。w

スポンサーリンク

シェアする