アメリカの小学校では家庭科クラスがない

シェアする


ブログを読んでいただきありがとうございます。
みどりです。

日本の小学校では家庭科の授業がありますが
アメリカではないんです。

中学(ミドルスクール)からの選択クラス。
アタシが小学校の頃は

・白身魚のムニエル
・カレールー
・親子丼

こういうのを家庭科の授業で作りました。
家庭科の授業大好きだったな~。

だって、みんなでワイワイ作って、そのあと食べるのが楽しみ♪

作るのがではなく
食べるのが楽しみだった!
今のアタシまんま。笑

カレールーなんてお店でルー売ってるのに
自分で作るとは何事???
最初のトライは案の定焦がしてしまって
また鍋を洗って再チャレンジ!

あー、面倒くせー。
お店で売ってるルーでいいんじゃねーのぉ?!
なんて心で思いながら友達と一緒に作って
完成した時はまさに

ヴィクトリー!v( ̄Д ̄)v

中学になると、衣類について学んだり
パジャマ縫ったり洗濯物のたたみ方を学んだり。
家でしつけの一環で学べないこともないけどさ。www

さて、その家庭科の授業。
アメリカの小学校ではありません。
中学からの選択科目のひとつであり、
ウチの長女は今学年それを選択しました。

オープンハウスで学校へ行ったときに
家庭科教室をのぞいてみると
キッチンや洗濯機・乾燥機などが揃っていました。

しかも最新式だぜ!ヮ(゚д゚)ォ!

なんだかアタシが ((o(´∀`)o))ワクワク
ちなみに、家庭科のクラスは英語で

Life Skill
(Home Economicsという呼び方もあるらしい)

まさに、生きていくうえで必要な技術を学ぶよ!
って、そんな大袈裟なもんでもないか。笑
選択科目だからもしかしたら
学生生活が終わるまでいっさい料理や洗濯の仕方を知らな~い。
なんていう子が出るかも。

まぁ、人生はサバイバル
必要に迫られればなんとなかるんでしょうけどね。

スポンサーリンク

シェアする