褒め言葉はどんどん伝えよう

シェアする

ブログを読んでいただきありがとうございます。
みどりです。

今朝は近所の唯一おしゃべりできるオバチャンが

「あなたのお花キレイね、いつも見るのが楽しみよ!」

と、声をかけてくれました。

約2畳ほどの小さなポーチに置いたアタシの花鉢達。
ウチのアパートは規則が厳しくて、ポーチに植物を置いてるユニットは少ない。
それでもちゃんとルールを守って、植物達をケアしてあげればお花を楽しめます。

アメリカ人って、どこでもいいなと思ったことはすぐ口にしますね。
例えばレジに並んでいても、
「あ、それ美味しかったわよ。」とか、
「アナタの髪はきれいですね。」← アタシがよくスーパーで声かけられる。

80代くらいのシニア男性に。WWWWW

それだけでも、嬉しいのよ。

見ず知らずの人にも、いいことを笑顔でサラリ伝えるところが
アメリカ人の「フレンドリー」と言われるいいところなのかな。
そういうところ、日本人にはない特徴かも。
たぶん日本だと、変人扱いな目で見られる気がする・・・。w

アメリカに住んで、出るところ出る。主張しないといけないといけないことは主張する。
でも、愚痴や相手を嫌な思いにさせるであろうことは、小さなお胸にしまっとけ。
そして、いいことはどんどん伝える。
アタシにもそういうことがいつの間にか身に着いた感。

さて、子供達を学校へ送った朝7時には、まんまるお月様を見ることができ
お花を褒めてもらっていい朝を迎えられました。

うん、とってもいい気分。(*´▽`*)

スポンサーリンク

シェアする