キャサリン妃の白髪染め

シェアする


ブログを読んでいただきありがとうございます。
みどりです。

今朝、ネットのニュースで

「イギリスのキャサリン妃は白髪を染めるべきだ。」

と、プロから提言。
なんて記事があったので気になって読んでみました。

第2子であるシャーロット王女妊娠中に白髪が増えたけれど、
胎児への影響を考えて白髪染めをしていなかったらしく、
見た目がイケてないと。

あれ?

キャサリン妃って白髪がそんなに目立つようなお年頃だっけ?

「二度と白髪そのままにして公の場に出るべきではない。」

と言う「プロ」の方曰く、

「男性は50代くらいになってグレイヘアーが魅力的なことがある。
でも、女性は相当の年齢になるまで決して白髪頭の状態にしておいてはいけません!」

って・・・

「余計なお世話じゃねーの?!って、相当の年齢っていくつさ?」
( ・`ω・´)プンプン

と、思ったわけですが実は、たまたま数日前に
2年ぶりの白髪染めをしたアタシ。

「やっぱり印象が違うよね~。」

なんて、子供達と話していたところでした。
旦那は腰まで伸びた髪を肩の長さまで切っても
一切、ノーコメント。

いい加減気づいてるだろ!
と、髪を切ったことを言っても
「あれ?前からその長さじゃなかった?」とな。( ゚д゚)ポカーン
もうね、ダンナのためにキレイな奥さん♪
とか無理。笑

あまり白髪を気にしなかったから2年も放置してたわけですけど、
たまに気分転換になるしこれはやるべきだな。
と、しみじみ思ったわけです。

キャサリン妃も、白髪染めでますますお美しく。
アタシも女を捨てず第二の人生目指して
ガンバローっと。v( ̄Д ̄)v

ランキングに参加しました。
応援していただけると更新の励みになります。
ヽ(*´∀`)ノ
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

日記・雑談 ブログランキングへ