アメリカのテキサスでは後ろに目をつけて歩くってホント?!

シェアする

どもん、みどり(@2bhappymidori)です。

娘達を連れて日本からアメリカに引っ越してきてまず最初に住んだのが、
テキサス州エルパソ

ヴァージニア州に研修で先にアメリカに行っていた、ダンナの勤務地がそこになったわけですけど、

なんと、驚いたことに・・・勤務地間違えられちゃった。

いくらテキトーな人が多いアメリカとはいえ、それはないんじゃない?

と、ダンナに聞いても

「人事の間違えだけど、1年は異動させられないから。」と、会社に言われたと。orz

だからダンナは本来研修を受けた部署とは全然違う部署に仮で配属となり、
みどり家は1年間エルパソに住むことに。

でもメキシコ料理好きだし、カラッとした空気、済んだ青空、ラテン系でイイじゃない!
とポジティブに思うようにしたんです。

最初は。

エルパソがどんな場所なのかわかるまでは・・・

スポンサーリンク

アメリカのテキサス州エルパソってどういう町?

img_2746

場所

アメリカ合衆国テキサス州の最西端。メキシコおよびニューメキシコ州境に位置。

人口

683,100(2016年)-アメリカ全土では第19位に多い 人口の約7割以上はヒスパニックまたはラテン系。

気候

砂漠気候。年間を通して気温差が高く、降水量が年間250mm程度と少ない。夏季は暑く冬は穏やかで乾燥している。砂嵐がよく起こる。

言語

スペイン語と英語が事実上の公用語。これは、メキシコとの国境に接しているので、メキシコ人が多く移住しているため。

アメリカのテキサスの中で一番危険と隣り合わせのエルパソ

img_2750

テキサスの中でも、一番危険と隣り合わせだと言われているのがエルパソなんです。
その理由は、メキシコで一番麻薬犯罪で死亡者が出ていて、世界一危険な町とも呼ばれる「シウダーファレス」との国境に位置しているからなんです。

もし、メキシコに連れ去られちゃったら、

帰ってこれない・・・たぶん。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そんな場所だったんです。

当時、ダンナが車を通勤で使っていたので、アタシは子供達を小学校まで片道20分歩いて送り迎えしていました。

その時にゆっくり走る車やUターンする車、とにかく怪しいと思うのは、警戒 していました。車に乗せられてメキシコに連れ去られでもしたらおそらくそこでthe endだったかもしれないから。

だから、子供達にも

「Stranger danger!」

周りをよく見て、後ろに目をつけて歩くのよ!と、毎日のように言っていたのを思い出します。

アメリカで安全な場所なんてどこにもない。
とはいえ、エルパソでの生活はホントに緊張感たっぷりな毎日でした。

まとめ

dscn0121
「危険と隣り合わせ」とはいっても、実はエルパソという町は、アメリカテキサス州の中で「安全な町」のトップに入っていて、「リタイア後に生活したい町」として人気があるそうです。国境付近で危険だからこそ警察や国境警備隊が日々厳しく頑張ってくれているのかもしれませんね。アタシ達も実際にヘンな人や車に声を掛けられることは一度もありませんでした。

実は、あまりの日本とのギャップに、いつこの危険な砂漠地帯から脱出できるんだろう。と、不安を感じることが多かったのに、不思議とあの明るいヒスパニックな雰囲気たっぷりの街は大好きで、今でもいつか旅行に行きたいなーと思うくらい。エルパソに1年住んで次にニューヨークへ引っ越しが決まったときはちょっぴり寂しささえありました。

旅行でテキサスに来る予定がある方は、ぜひエルパソも立ち寄ってみてくださいね。

ランキングに参加しました。
応援していただけると更新の励みになります。ヽ(*´∀`)ノサンクス
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi