ニューヨーク州での運転免許取得は金かかる

シェアする

どもん、みどり(@2bhappymidori)です。

アメリカに引っ越してまず住んだのが、テキサス州エルパソ。
エルパソでは国際運転免許証を片手に運転していました。

もともとエルパソにはダンナが間違えて配属されたので
終えたばかりの研修を生かせる本来の部署に戻してくれ!
とすぐに希望を出し、どうせすぐ引っ越すだろうから
と運転免許は取らなかったんですが結局、

1年間、国際免許証で運転。

しかも、国際免許証ってあまり効力がない。といいますね。
ということは、

ほぼ無免許運転に近い状態だった。Σ(゚Д゚;)アラマッ

今考えると恐ろしい。

1年後にニューヨーク州へ引っ越し。
そこでアメリカの運転免許証取りました。

まず、DMVへ行ってペーパーテストを受けます。
たしか20問くらいかな。これは難なくパス。v( ̄Д ̄)v イエイ

この時、昔カリフォルニアで免許を取った時に
日本語のテストがあったのを思い出して
聞いてみたんだけどね、返ってきた言葉が

「韓国語ならあるよ。」

いやいや。
アタシ韓国語ハナセマセン。

さて、ペーパーテストに合格したら今度は講習があります。
二日に分けて

合計5時間程度だったかな。

その費用が高かった。

約200ドル以上だったかも。

ダンナが間もなく1年間海外単身赴任
(アフガニスタンへ派兵)予定だったので
その前に何としてでも取得せねば!と、必死よ。

講習費用にあーだこーだと文句言ってる場合じゃなかったので
金額はよく覚えていません。笑
でも、テストを受ける料金プラス講習料でしょ。
やっぱり高かった。というのだけは覚えてます。www

それが終わって、パーミットが出れば
路上試験の予約をオンラインから。

近所の予約がいっぱいで取れなかったので40分も離れた町へ。
なんと、ほぼカナダとの国境の町でした。

スタート地点には小さく看板が立っていて
そこに路駐して順番を待ちます。

順番が来たら指示どおり運転開始。レッツゴー♪
もちろん、縦列駐車や3点Uターン(three-point turn)など
指示がありましたけどね、練習したかいがあって
華麗になんなくこなしたアタシ。(´∀`*)

終わって、スタート地点にポツンと一人待っていたダンナに
教官からひと言。

「うん、彼女とても上手にできたよ。」

と、褒めてたのにテスト結果見たら
ギリギリ合格になってる。

なんだよ、さっきのお褒めの言葉は?!

ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…

ということで、なにやら小さい機械にサインして終了。
あとは、2週間ほどで無事自宅に
正式な運転免許証が届きました。

日本はほとんどの人が教習所に通うと思いますが
こちらはほぼ一発テスト。

テストに使う車も自分で準備します。
その時のウチのトラックがこれね。

img_2778

ランキングに参加しました。
応援していただけると更新の励みになります。ヽ(*´∀`)ノサンクス
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村