バイリンガル

シェアする


ブログを読んでいただきありがとうございます。
みどりです。

この間、知り合いが

「ハーフの子は労せずバイリンガルになるからいいよね。」

と、話していました。

その方の知り合いの子が、オーストラリアと日本のハーフでどちらもペラペラだとか。
でも「労せず」というのは難しいです。

海外もしくは日本どちらに住んでも、普段耳から入ってくるその国の言葉に慣れることはあっても
複数の言葉を自然にしゃべれるようになることはほぼ無理に近いのでは?

例えば、ウチの娘たち。日本で生まれ長女は幼稚園の1学期まで日本の学校に通っています。
5年前にアメリカにくるまえは99%日本語。

アメリカに越してきてテレビやら学校やら、環境が英語中心になったので
今ではほとんど日本語が話せません。

もし、私が徹底的に日本語で会話をして読み書きも教えていたら
おそらくバイリンガルに育て上げることはできたかもしれません。
それをしなかった私が怠惰だったと言われればそれまでですが・・・
でも、親も子もホントに大変です。

友達はスパルタで日本語の読み書きも教えてると言ってました。

学校の宿題プラス???

けっこう学校の宿題も時間がかかります。
しかも、日本と違って宿題から小さなテストすべて、ひとつひとつグレードがつけられるので
テキトーに提出しておけばいいや。
では、済まないわけです。

これは学校のレベルによって違ってくるでしょうが。
海外生活して、複数の言葉の読み書きでき話せる人ってスゴイことだと思います。
そういう人は活躍するフィールドが広がりますね。

大人になってからでも、本人次第で十分に習得することは可能ですが、
もし、子供をバイリンガルに育てたい。
というのなら、中学まで日本の学校、その後海外の学校へ通わせれば
日本語の土台がある程度できているから大丈夫かもしれませんよ。

ウチもそうすりゃよかったかな~。

ランキングに参加しました。
クリックいただけると嬉しいです。ヽ(*´∀`)ノ
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村